FC2ブログ
  • 2020_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2020_06

今日も綱渡り

やっぱり画が好き!


八月の

  1. 2016/08/05(金) 16:06:14|
  2. イメージ
  3. | トラックバック:0
 早いもので 八月に入って 明日広島は 原爆の日を迎えようとしています。

八月と言うと わたくしメ
澤地久枝さんのエッセイ 「六十六の暦」の中にある一遍
“新秋近づく”を思い出すのです(これしか知らないのだ)。

中には

 八月には、多くの死者の命日があった。
       ・・・・・なんと多くの死者たちの暦が刻まれている月か。
との一文があり

私たちにも 32年前1歳5ケ月で別の世界に逝た長女の命日があります。
そして昨日 晴れて 三十三回忌を迎えたのであります。
晴れて っと言うからには
世間一般的に 親の法要を50回忌もしくは 33回忌を執り行えることはそうそうなく、
法要を行えること(人)は長生きをしたしたことになり 喜ばしいことも言えるそうなのです。

それが 私たちにとって 喜ばしいかどうかは別として
私たちのご先祖として見守って頂いていると信じて疑わないわたくしめとしては
日々感謝あるのみなのです。
(子供を先に亡くすと言うことはなんらかの 反面教師なんですよと
 お寺さんから言われた言葉は今も胸に刻まれています。)

二十年後 五十回忌を行える?自信は到底ないので(笑って!) 
今回をひとつの節目と考えて 今までめったに話すことの出来なかった娘の事を書かせて頂きました。

IMG_5091.jpg


平和美術展に出す画の題名は いつも決まっています。
「 イマジン20xx 」年号が 違うだけです(笑)
娘のその時々を想像しても 全く想像できないのですが
 心のどこかに いつもいるのを不思議と感じるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
八月のすべての死者は、秋を前にしてほっとくつろぎ、新しい人生の日へ一歩踏み
出すことを願っていたに違いない。
新秋とは、待たれていた日々。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

立秋ちかしですね。








雨上がりの夜に

  1. 2016/07/05(火) 14:22:35|
  2. イメージ
  3. | トラックバック:0
最近急激にドッと雨が降ることがある。

そんな時に 描いていた・・・・

雨あがり



焼き大根




焼き大根にして煮込みました。

目は口ほどに・・・?

  1. 2016/05/30(月) 21:13:46|
  2. イメージ
  3. | トラックバック:0
にゃんこ


キャツアイ!と言いたいところ カッツ Eye されそう






楽しんでくださ~い♪

どうしたもんじゃ・・・

  1. 2016/05/23(月) 12:54:53|
  2. イメージ
  3. | トラックバック:0
イメージ

広島弁で言えば・・・

  どうしたもんじゃろのう~  かな(笑。


おちゃわん

先日 知り合いのグループ展へ
隣の会場にあった陶芸展!思わず卵かけごはん♪
 を撮らせていただいた。
食い意地の張ったなにこ どうしたもんじゃろう(^^;  


では~、そのうちに。



宵待草

  1. 2016/05/16(月) 09:51:01|
  2. イメージ
  3. | トラックバック:0
今日は雨。

宵街草イメージ

 待てど暮らせど 来ぬひとを
  宵待草の やるせなさ
  今宵は月も 出ぬそうな

暮れて河原に 星一つ
  宵待草の 花の露
  更けては風も 泣くそうな


宵街草




<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>